人は一晩で何回ぐらい寝返りをするのか。

自分ではなかなかわかりません。多分、ほとんどの人はわからないと思います。

奈良女子大の久保先生による優れた研究もありますが、寝具業界の一般的な記事では、一晩で平均20~30回という数字をよく目にします。外国の研究でも、27回とする説を聞いたことがあります。

仮に、一晩に8時間眠るとして、25回寝返りをするとすると、19分に1回ということになります。
もちろん、眠りの深さや浅さ、暑さ寒さ、年齢の差など、随時いろいろなパターンで現れていると思いますので、何分に1回とかいう単純な話ではないとは思いますが、それにしても多いですね。。

私としては少し驚きです。エー?知らぬ間とはいえ、そんなに動き回っているのか。ホントカナー。

私自身の就寝中の感覚では、一晩で多くて5~6回ぐらいかなと思っています。目が覚めた時、寝入ったままの姿勢でいることもあります。
家族や親せき、友人知人など、寝姿を見る機会がある人を見ていても、そんなに動いているようには見えません。団体で泊まったときの記憶でもだいたいは皆静かに寝ています。
(眠れない時にいろいろ体位を変えるのは、寝返りとは言いません)

そこから考えると、寝返り20~30回を平均値とすれば、私の周りに人たちはかなり下の方のグループに属しているように思います。
ならば、平均値の上の方のグループ、例えば、一晩に40回とかの人たちがいるとすれば、いったい、どんな寝方をしているのだろうと思ってしまいます。想像がつきません。多分、熟睡できずに苦労しておられると思われます。

そんなこんなで、通説の20~30回も、だいたいのの目途ということでそんなに厳密なことを言っているとは思いませんが、自分の感覚からすると、少し多すぎるのではないかという気がしています。