一瞬で笑顔になる寝方

こんいちは。天童プップです。

これからしばらく、「上手な眠りかた」(プップの寝技)というテーマで、ときどきお邪魔したいと思います。

今回は、とても楽な横向き寝の方法をご紹介します。

枕の高さで申しますと、仰向き寝のときは、どこにも無理のない良い寝姿勢となる低めの枕が安眠の基本ですが、この低めの枕で横向き寝をしようとすると、どうしても高さが足りず、肩がこったり首筋が張って痛んだりします。
横向き寝のときは高い枕のほうがよいのですが、ひとつの枕で両方を満足させるのはなかなか難しい問題です。

そこで工夫です。次の動作を是非いちど試してみてください。
これは、低い枕でも肩に負担をかけずに横向寝が快適にできる、多分、唯一の方法です。
慣れれば無意識の一瞬の動作になります。

横向きの時は、手で枕の端をつかみ、頭を枕から離して、枕が首の付け根に当たるまでポンと首の下に引き込みます。首の下の隙間を埋めて首と横顔全部を枕に乗せてください。
これだけです。
こうしますと、横向き時の高さが不足ということもなく、首が緊張しませんので、楽な高さで首を支えて快適に熟睡できます。

ただ、これは首の隙間を柔軟に埋めて枕に首を乗せることがポイントですので、形がかっちり決まっている枕では、ちょっとやりにくいとかも知れません。
逆に、枕のサイド部が横向き用に少し高くなっていて、素材が追随性の良いビーズ枕などの場合、その方の高さにぴたりと決まると驚くほど楽に感じます。

ご来店のお客様にこの横向き寝を試していただきますと、たちまち和んだ表情になられます。
一瞬で「これは楽だー」といって笑い出す方もいらっしゃいます。
いちどお試しください。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>